Garmin用等高線地図を作る


地図の作成手順
1.河川と道路の地図を作ります。
2.等高線地図を作ります。
3.山名地図を作ります。
1・2・3を結合してGMAPSUPP.IMGを作ります。

河川と道路の地図を作る
■作業1
基盤地図情報データをダウンロードする。
ここでは道路縁と水涯線を使用します。
■作業2
基盤地図情報データを解凍する(XMLファイルができる)
ここで必要なのは、水涯線と道路縁のXMLファイルです。
■作業3
基盤地図情報ビュア・コンバーターの画面にXMLファイルをドロップする
■作業4
全部ドロップしたら、コンバートする
SHPファイルができたらOK。
■作業5
GPSMapEditを起動して、作業4のSHPをドロップする
◆ドロップ時の設定。線種を選択する。
RdEdg.shp(道路縁)0X0006 Residential street
WL.shp(水涯線)0X0018 Stream
もし、海岸線や鉄道軌道をドロップしたい場合は次のようにする
Cstline.shp(海岸線)0X0015 Shore line of water body
RailCL.shp(軌道)0X0014 Railroad

◆Map Propertiesを選びプロパティを設定する。
◇Header
ID 99060000 (数字8桁)任意ですが他県との重複を避けるため、数字2桁を県コード、01は道路にすると分かりやすいでしょう。
Name roadmap99(任意)
Elevation units Meters
Code page 932
Code schema European (single-byte)

◇cGPSmapper
TRE size 2000
RGN limit 1024
Map is transparent S
■作業6
File > Save Map As > をクリックする。適当な名前を付けて保存する
File > Export > Garmin をクリックする。適当な名前を付けて保存する
(.img)ができます。
■作業7
sendmapを起動して「.img」を複数を結合して「GMAPSUPP.IMG」を作り、マイクロSDへコピーする。
コピー先は d:\Garmin\GMAPSUPP.IMG です。


Posted by トレッキングFun